asagi maeda life work blog

asag.exblog.jp
ブログトップ
2009年 04月 11日

大掃除

NYのSOFA展用に、ネックレスを一つ仕上げたのが先月下旬。月末にアメリカに郵送して、今月に入ってから、アトリエの大掃除をしています。

今回のテーマは、捨てる事。そして、スッキリ整理すること。

アトリエと言っても、実家の自分の部屋だったのを、3年前にベットだけを隣の部屋に移動して、実際生活用品も何もかも全部この部屋にあったのですが、生活のものは全て隣の部屋に引っ越しして、ここはアトリエだけにするのです。

この大掃除は、もう去年の夏くらいからやりたいやりたいと思っていたのですが、展示が続いて全く暇を持てませんでした。

それで、今年はアメリカに行くのを諦めて、思い切って掃除&部屋の改造をしようと思ったのです。

いざ初めてみたら、思った以上に大変でした。

掃除をするのがへたくそだからか、逆に散らかってしまって、大変なことになっています。

全然違う空間にしようと思っているし、実家なので赤ちゃんの時のものから何もかも色んなものがあるのです。

部屋の中で、様々な過去に会いました。タイムトリップばかりしていて、何一つはかどらない日もありました。

昔の写真や日記、お手紙、もう山のようにあります。捨てる気満々でしたが、ひも解いてみると、本当に宝物ばかりで、やっぱり捨てられず。この辺は結局取っておくことにしました。

そして、物を捨てながら、つくづく思ったことは、もうゴミになるようなものは買わない。という気持ち。

燃えないゴミは、特に心苦しいです。

そして、気がついた事。

ジュエリーはエコだ。ということ。

なぜなら、金属はまた溶かして使えるからです。石だって、高価だから、リフォームという形でリサイクルされていく。

そう思うと、地球にやさしい仕事で本当に良かった!と思いました。

なんだか今年は、この大掃除&夏のアートの展示で、私自身とてもリセットされそうです。

一歩ひいて、色々見渡してみる、要らない物は捨てて、本当に大切なものだけをすくい取る。

そういう作業がとても必要だったように思います。

部屋がきちんと整理されて、広い空間が出来たら、頭の中も整理されて、心に余裕も出来る事でしょう。。。

今年に入ってから、私の頭をくるくるとまわる言葉。

捨てる。シンプルになる。何も無くなったところで、浮かんでくるもの。または、何も浮かんでこなくても良いと思える心の余裕。
空間。心の空間。静けさ。
響き。響き合う。

音の響くような作品を作りたいと思っているのです。

響かせるために空間が必要で、そのために整理して捨てることが大切だったのかもしれません。

自分でも、夏の展示には一体どんなものを作ったら良いのか、まだちっとも考えついていないのです。

掃除をしたら、何か見えてくるのでしょうか。

色々なものが見えて、そして消えて行きます。

静かな心で、スクッとそんな中から何かを掴み、形に出来たらと思っています。
[PR]

by aasaag | 2009-04-11 00:08


<< 新しいウェブサイト、新しいブログへ。      刻の余韻 >>