asagi maeda life work blog

asag.exblog.jp
ブログトップ
2006年 03月 28日

恋愛運

どうしてかは知らないけれど、運っていうのは運ぶって書きますね。
運はチャンスで、チャンスは人を次のステップに運ぶ、からでしょうか?
私が今まで一番運ばれて来たものは恋愛です。
恋に運ばれて、ここまで来たな。とよく思います。だから、そういう意味では良い恋愛運と言えるかもしれません。

高校生の時、新宿の母に手相を見てもらった時、
「あなたは仕事はおばさんのように成功するけど、いい恋愛はしないわ。でも長生きするわよ。」と言われました。
生まれて初めて行った占いで、しかも17歳が、仕事の成功と長生きを約束されても、何も嬉しくないのです。良い恋愛をしないなんて、死んでるも同然じゃないか!!と思ったのでした。

実印を作った時、名前の画数を見てもらったのですが、
「前田あさぎという画数は仕事には最高だけど、恋愛には最低です。男の様に強すぎて、いい恋愛は出来ません。仕事以外では名前を変えたらどうでしょう?」と言われました。それ以来、意味があるかは分かりませんが、自分の名前はローマ字で書いています。(それなら画数関係ないだろーと思って。)

これだけではありません。
占い師はこぞって「いい恋愛をしません」というのです。なぜ??
確かに、恋愛でつらい経験は何度もしたけど、でも、やっぱりそれがなかったら、ニューヨークにも行かなかったし、ジュエリーだって始めてないし、カナダにも渡らず、今頃一体何をしてたか恐ろしくて考えられません。

19歳の時、恋だけが関心ごとで、夢というものを私は持っていませんでした。
美大に合格したけど、特に何になりたいのか分からなかったのでした。アーティストなんて、なんだかすごそうなものにはなりたくないなーって思ってました。
でも、この時すごく好きな人が出来て、学生結婚したのでした。
舞い上がって、結婚とかもいいかも!みたいな情けない軽いノリで結婚したのでした。
結局、1年半で破局になって、21にしてバツイチになったわけですが、この結婚が私の全てを変えたと思ってます。
転機、ってやつですね。
結婚に憧れてたけど、それは甘いものではなかったし、お金も本当に無くてバイト3つ掛け持ちでほとんど大学に行けなかった時、初めて「作りたい!」と心の底から思いました。それから、どんどん夢が出て来て、英語を勉強し始めて、日本脱出計画としてニューヨーク、ニューヨークと呟くようになったのです。
離婚した時、背中に羽が生えたと思いました。どこにでも飛んでいける!っていう。
それで何年後かに、本当にニューヨークに飛びました。

だからニューヨークっていうのは、おまじないみたいに呟くだけで、心が自由の光に照らされるようなイメージが、未だにあるのです。それはなんだか理想郷、みたいなところです。実際のNYとは違う、独自のイメージ。

そんなわけで、ニューヨークには、恋愛運で行きました。
だから私の恋愛運は良くないかもしれませんが、大きいです。いつも恋によって、大きく移動してます。
恋愛は大好きです。ありとあらゆる気持ちを感じる事が出来るので。
そうだ。絶対、私はいい恋愛をしている、と思う。なんで占い師はみんな分からないんだろう?
[PR]

by aasaag | 2006-03-28 02:10


<< 日食。さやちゃん。桜。オーラ。      自分らしさ。格好悪さ。どこまで... >>