asagi maeda life work blog

asag.exblog.jp
ブログトップ
2006年 04月 03日

初めての。。。

生まれて初めて、自分のためにジュエリーを作りました。(手が汚くて失礼!)
素材はダイヤとホワイトゴールドです。
e0001473_17311251.jpg
よく考えてみたら、自分がつけるために作ったものっていうのは一つもなかったんです。人のために作ることはあるけど、大体は面白そうな形とか、こういうのないよね、みたいなものを作って来たわけで、余り物が自分のジュエリーになる。みたいな。

でも、今年の1月、すごく悩んでた時、初めて自分のために作ろう!って思いました。
ちょうど母親から祖母の形見のダイヤの指輪を貰って、好きに作り替えたら?と言われたこともあって、一文字に5つダイヤが並んでる祖母の指輪から、2つをダイヤのピアス(いわゆるフツーの)、そして3つをこの指輪に作り替えました。

これには意味があります。e0001473_17412514.jpg
3つのダイヤはそれぞれ柱になっていて、体と心と魂。(それに、3ていう数字は私の誕生数(誕生日をバラバラにして足した数)で、新しい物を生み出すっていう意味があります)
その真ん中にある凸部分は、実は椅子のつもりで、「これから先何にもアイデアが湧かなくて困った時に座る椅子」なんです。
混乱してしまったら、このダイヤの柱に守られた私だけのための椅子に座ると、心と体と魂のバランスが取れて、素敵なアイデアが降って来る。
そういう願いで作りました。

今思うと、なんだか本当に苦しかったようです。
何にも誰にも邪魔されない自分だけの場所、しかも完全にまもられた場所っていうのが欲しかったんですね。で、そのままジュエリーにしてみました。

これを作った事で、本当にジュエリーに関する考え方は変わりましたよ。
実はジュエリーってあんまり興味ないので、自分で作り始める前も殆ど買った事もなくて、高級ジュエリー屋さんで働いていた時は、ジュエリー=ステータスっていう感じがして、すっごく嫌だったんです。
でも、ジュエリーって、神聖なもの。やっぱり、魔除けなんだなって思いました。
それは、自分が本当に欲しいジュエリーは何なのかって考えた時に、出て来たものです。

ジュエリーは「人にくっついて旅をするアート」っていうのが私の定義なんですが、それもいいけど、真剣につけるジュエリーっていうのは、やっぱり「自分の神聖な部分を保つためのもの」なんだな。と。

のんびり作ってたもんで、最近になって出来ました。(厳密にはまだ磨きが終わってない)
あんまりにも真っ暗闇ですがる気持ちで作ったのと、出来た時には自分はすっかりHappyモードになってたので、「え〜!暗いよー。この指輪。今必要じゃないし。」って思ったけど、さやちゃんも褒めてくれたし、順子さんもこの指輪付けてると運が良くなるって言ってくれたので、やっぱり気に入ってます。(ありがとう!)

それに、この指輪が出来て、これを付けるようになったら、アイデアがどんどん降って来るんだって思って作った訳だから、それに関しては当たり!って感じかもです。(本当にこのお陰かもだし!?)

大切な初めての自分のためのジュエリー。こんな事がなかったら、生まれてませんね。勉強になりました。
[PR]

by aasaag | 2006-04-03 18:16 | personal orders


<< 人に笑われる様な夢。      フランス語 >>