asagi maeda life work blog

asag.exblog.jp
ブログトップ
2008年 01月 30日

1月は、てんこもりでした。

ダン銀座ギャラリーでの個展も無事終了しました。
いらしてくださった皆様、本当にありがとうございました。

驚きだったのは、2年前に装苑にアパートジュエリーが載ったのですが、それ以来このブログを読んでくださっていて、そして展示にいらしてくださった人が何人もいたことです。
これには、本当に感謝感激致しました。
気がついていなくても、色んな人に支えてもらっているのだな、とつくづく感じました。

ありがとうございます。


そして、ダン銀座での個展が終了してすぐに、ロンドンに行ってきました。

collectというヨーロッパのクラフトギャラリーが集う展示会を見に行ってきました。
SOFAのヨーロッパバージョンという感じです。

ロンドンのヴィクトリアアルバート美術館内で毎年行われる展示会ですが、規模はSOFAより小さく42のギャラリーが国内外から参加しています。
日本からも南青山のyufuku ギャラリーが参加していました。

アメリカの派手なアートジュエリーの世界しか知らなかった私なので、このcollectはなかなか興味深く、勉強になりました。
やっぱり、SOFAに比べて小さい作品、奇麗な作品が多く、派手で面白いものから下品なものまであるアメリカとは結構雰囲気も違いました。

私の作品も、アメリカでは大きい方には入らないと思うのですが、ヨーロッパでは大きいものという印象が強いようです。日本では、勿論大きいです。(笑)

それにしても、ロンドンは私は大好きです。
イギリス英語の発音が好きだし、なんだか肌に合っているような気がします。

いつかcollectにも出展する日が来ると良いな〜なんて、ぼんやりと思っています。

ロンドンでは、知り合いのアートジュエリー作家さんの紹介で、flowというロンドンのギャラリーにお勤めの日本人の方と一緒にお食事に行きました。
この方、女性なのですが、すっごく美しく素敵で、でも年齢を聞いたら私の一つ上なだけで、とても落ちついた雰囲気にすっかりファンになりました。
海外で活躍する日本人女性は、本当に格好いいです。
食事の後に、ギャラリーに連れて行ってもらって、巨匠のアートジュエリーを色々付けさせてもらい、それはそれは大満足でした。
やっぱりジュエリーですから、写真で見ても何とも思わなくても、実物を身につけたとたんに、良さが分かるのです。
作品から発せられるエネルギーですね。

夢心地のロンドンは素敵でしたが、バタバタと準備して出て行ったままの汚い部屋に帰ってきました。
さて、実は去年の個展のオーダーもまだ終えていない私です。
これからまた心を入れ替えて、頑張ります。

本当に色々面白い作品がある中で、自分を見失わずに制作していくというのは、案外難しいかもしれません。
凄い技術を持った人は山のようにいるし、素晴らしいアイデアを持った人、それを現実化する能力のある人も山のようにいるからです。
技術や、ハッとする素材やアイデアを求めようと考えると、本当に空しくなってくるのです。
でも、そんな時、こう思います。
神様は60億の、今現在地球上に生きている人全員を全く違う姿形で作り、そして全く違う性格、経験、人生に作られた。
でも、今地球に生きている人でなく、今まで何人か分からないけれども、それだけの魂を全て違うものに作られた。
だから、実は、本当に自分らしくしているということが、最も誰からも違う、本当のオリジナルになるということです。

だから私は私らしく、自分のテーマにそって、好きな事をやろう。と。


次は5月末のSOFA ニューヨークです。
色んなストーリーが既に頭の中にあります。
collectを見て来て、心が自由になりました。
もっともっと、自由に楽しく制作したいと思ってます。

ところで、銀座のスターバックス、マロニエ通り店にて、2/1~2/29まで、友達のシャンデリアアーティストのnatsuさんが個展をします。

私の大好きな友達で、いつもいっぱい刺激をもらってます。
その辺にお出かけの方は、是非足を運んでみてくださいね!
やっぱり、エネルギーを感じます。
[PR]

by aasaag | 2008-01-30 23:23


<< 余韻      明けまして、おめでとうございます! >>