asagi maeda life work blog

asag.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:personal orders( 6 )


2008年 03月 02日

Pendants

去年作った個人オーダーのペンダントです。



e0001473_14102064.jpg

Pendant for men 2007
Sterling silver, Ammonite pylite, garnet, k18gold




e0001473_14103819.jpge0001473_14105049.jpg

Pendant head for baby 2007
K18gold, Emerald





e0001473_1418213.jpg

Pendant head for baby 2007
K18gold (yellow and white)

[PR]

by aasaag | 2008-03-02 14:21 | personal orders
2007年 10月 24日

No.14の結婚指輪

e0001473_2012445.jpg



インダストリアルなデザイン好みの彼と、お花とリボンが好きな彼女。
好みが全く違う2人のための結婚指輪を作りました。

素材はK18ホワイトゴールドに、縁取りのラインと指輪の内側は、K18ピンクゴールドメッキをかけました。
ホワイトを、ピンクでサンドイッチすることで、ペア感を出しました。
そして、(なんでかは知りませんが)14という数字が好きだということだったので、7つのダイヤを彼女の指輪に、7つのダイヤ型を彼の指輪に入れて、合わせて14の結婚指輪。

指輪の内側には、親指と人差し指を立てたポーズのマークを入れて欲しいという依頼で、なんともパーソナルなデザインとなりました。

デザインの相談で1度しか会っていませんが、とっても感じの良い2人で、やっぱりクライアントが素敵だと、作るのも熱が入ります。

こうやって、意味合わせをしていく、好きなものを思い出のあるものを、羅列していくようなデザインの仕方は私はとても好きです。

結婚指輪なんかは、絶対パーソナルであればあるほど良い!と思ってます。
[PR]

by aasaag | 2007-10-24 20:29 | personal orders
2007年 02月 12日

鶴亀のマリッジリング

「それぞれ鶴と亀がモチーフのマリッジリングを」という友人からの面白いテーマで結婚指輪を制作しました。

「一生に一度のものだから、後に飽きのこないデザイン」を念頭に今まで結婚指輪を制作していましたが、逆に一生に一度だからこそ、他には絶対にないような面白いデザインで、思い出深いマリッジリングというのも、素敵なんだな、と気付かされました。

e0001473_12161146.jpg




素材は、18Kホワイトゴールドです。
普通、ホワイトゴールドというと、白いプラチナ色のイメージがありますが、本当のホワイトゴールドの色は、あの色ではありません。
あれは、ホワイトゴールドの地の上にロジウムのメッキをかけて、プラチナ色にしてあるんです。
本当のホワイトの色はもっと黄味のある、この色です。
アンティークな感じがして、私の大好きな色です。



e0001473_12222063.jpge0001473_1222382.jpg

e0001473_1223899.jpge0001473_12232260.jpg



e0001473_12374372.jpge0001473_12244229.jpg

e0001473_1224680.jpg



この夫婦、2人とも私のカナダ時代からの大好きな友達です。
茨城(古河、国道125号線旧三和町諸川交差点付近)で、移動型喫茶、JOYCE CAFEをしています。
お近くにお住まいの方は是非、2人の素敵な笑顔に触れに行ってみてください。
美味しいコーヒーと、心身共に癒される事間違いなしです。
[PR]

by aasaag | 2007-02-12 12:40 | personal orders
2006年 08月 13日

Rings

e0001473_13571444.jpge0001473_13572465.jpg

Ring - 2005
18K White gold, star ruby, diamond





e0001473_13581432.jpge0001473_13582546.jpg

Ring - 2006
18K yellow gold, green tourmaline






e0001473_13594319.jpge0001473_13595551.jpg

Ring - 2006
18K yellow gold, prehnite





e0001473_1404145.jpge0001473_1405145.jpg

RIng- 2006
Pt 900, Diamond









e0001473_141411.jpge0001473_1415055.jpg

Ring -2006
18K yellow gold, south sea pearls






e0001473_1423892.jpge0001473_1431134.jpg

Ring - 2006
18K yellow gold, south sea pearl






e0001473_1464595.jpge0001473_23402054.jpg

Ring - 2006
18K white gold, Opal, diamonds

[PR]

by aasaag | 2006-08-13 23:41 | personal orders
2006年 04月 03日

初めての。。。

生まれて初めて、自分のためにジュエリーを作りました。(手が汚くて失礼!)
素材はダイヤとホワイトゴールドです。
e0001473_17311251.jpg
よく考えてみたら、自分がつけるために作ったものっていうのは一つもなかったんです。人のために作ることはあるけど、大体は面白そうな形とか、こういうのないよね、みたいなものを作って来たわけで、余り物が自分のジュエリーになる。みたいな。

でも、今年の1月、すごく悩んでた時、初めて自分のために作ろう!って思いました。
ちょうど母親から祖母の形見のダイヤの指輪を貰って、好きに作り替えたら?と言われたこともあって、一文字に5つダイヤが並んでる祖母の指輪から、2つをダイヤのピアス(いわゆるフツーの)、そして3つをこの指輪に作り替えました。

これには意味があります。e0001473_17412514.jpg
3つのダイヤはそれぞれ柱になっていて、体と心と魂。(それに、3ていう数字は私の誕生数(誕生日をバラバラにして足した数)で、新しい物を生み出すっていう意味があります)
その真ん中にある凸部分は、実は椅子のつもりで、「これから先何にもアイデアが湧かなくて困った時に座る椅子」なんです。
混乱してしまったら、このダイヤの柱に守られた私だけのための椅子に座ると、心と体と魂のバランスが取れて、素敵なアイデアが降って来る。
そういう願いで作りました。

今思うと、なんだか本当に苦しかったようです。
何にも誰にも邪魔されない自分だけの場所、しかも完全にまもられた場所っていうのが欲しかったんですね。で、そのままジュエリーにしてみました。

これを作った事で、本当にジュエリーに関する考え方は変わりましたよ。
実はジュエリーってあんまり興味ないので、自分で作り始める前も殆ど買った事もなくて、高級ジュエリー屋さんで働いていた時は、ジュエリー=ステータスっていう感じがして、すっごく嫌だったんです。
でも、ジュエリーって、神聖なもの。やっぱり、魔除けなんだなって思いました。
それは、自分が本当に欲しいジュエリーは何なのかって考えた時に、出て来たものです。

ジュエリーは「人にくっついて旅をするアート」っていうのが私の定義なんですが、それもいいけど、真剣につけるジュエリーっていうのは、やっぱり「自分の神聖な部分を保つためのもの」なんだな。と。

のんびり作ってたもんで、最近になって出来ました。(厳密にはまだ磨きが終わってない)
あんまりにも真っ暗闇ですがる気持ちで作ったのと、出来た時には自分はすっかりHappyモードになってたので、「え〜!暗いよー。この指輪。今必要じゃないし。」って思ったけど、さやちゃんも褒めてくれたし、順子さんもこの指輪付けてると運が良くなるって言ってくれたので、やっぱり気に入ってます。(ありがとう!)

それに、この指輪が出来て、これを付けるようになったら、アイデアがどんどん降って来るんだって思って作った訳だから、それに関しては当たり!って感じかもです。(本当にこのお陰かもだし!?)

大切な初めての自分のためのジュエリー。こんな事がなかったら、生まれてませんね。勉強になりました。
[PR]

by aasaag | 2006-04-03 18:16 | personal orders
2005年 11月 28日

結婚指輪

今日は友達の結婚指輪を仕上げました!

art作品作るのとは違って、友達の結婚指輪っていうのは本当〜に心暖まるもので、なんだかニヤニヤしながら作ってました。
すっごい素敵なカップルなので、彼らの指にこれが収まるのね〜なんて思うと本当に嬉しくて。ヒヒヒ。




e0001473_1715432.jpg

[PR]

by aasaag | 2005-11-28 17:02 | personal orders