asagi maeda life work blog

asag.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2005年 06月 29日

がっかり系ソング

今日、気づいた事があった。
どうやら今まで、そして今でも、軽くがっかりするような感覚がいつもどこかで消えないで存在してる、ということ。

色んな音楽を聴いて、心が一緒に漂ってしまう曲はいつもがっかり系ソングなんだ。
今、一番気に入ってるがっかり系ソングでは、一番最後にこんなくだりがある。
Expectation reads the disappointment.
If you don't expect something big, huge and excitement,
ah...usually....
....I don't know, it's just not as...
最後の部分が消えてしまっているのだけど、ここにはきっとinterestingとか、funとかが入るのではないかな。。。。
そう。期待するといつもがっかりする。そのとおり。
でも、何も期待しないなんて、つまらない。何も期待しないこと自体がっかりしてしまう。

人は、それぞれ辿り着く気持ちっていうのがあると思う。
私の友達はいつも軽い怒りがあるって言ってた。
私はがっかり感に辿りついてしまう。結局は、一人なんだな。。。がっかり。みたいな。
多分いつも、ものすごい期待して生活していて、そして、ああ、やっぱり違いましたね。。。ポツン。
そんな時にがっかり系ソングを聴くと、ただのがっかりが、貴重ながっかりに変身するのだ。
私の想像の中では夕暮れ時2Fの畳の部屋から空を眺めてフッと軽くため息。って感じで、今日もがっかり系ソングを聴いてます。

ま。色んな時があるけどねー。
[PR]

by aasaag | 2005-06-29 15:08
2005年 06月 27日

such a small thing

感受性の強い人っていうのは、ものすごく悲しんだり、喜んだり出来る人のことではない。なぜなら、それは簡単だから。
なんか、こう、微妙な心の変化。悲しいとか、嬉しいと言葉にするには勿体ない様な気持ち。そういう気持ちに気づく人。
そういう、ちょこっとした気持ちの中を浮遊出来る人。
(これは、本当に癖になる中毒的遊びです。)
[PR]

by aasaag | 2005-06-27 10:37
2005年 06月 21日

ブログ

文章を書くのが昔は好きで、ずっと詩のようなものを書いてた。
うわって感情が湧いたら、それを迅速に書き留める、というようなもので、文章っていうのとは、またやっぱりちょっと違うかも。
NYに行ってから、英語がやたら格好良く思えちゃって英文でそれをやったり試みたけど、やっぱり日本人だから、思っていることと、文がちぐはぐになってって、そのうち自分が何思ってんのか段々分からなくなって来て、それで文を書くのをやめた。
ブログやったら、あの時のように気持ちが吹けて行く場所が出来るかなって思ったけど、いかんせん未だ上手く付き合いきれていない。
自分だけのために書くのと、人が見るかもと思いながら書くのは、こうも違うのか。。。。難しー。

でも、少しずつね。
[PR]

by aasaag | 2005-06-21 10:39
2005年 06月 13日

NITIN SAWHNEY

昨日、三茶のレコファンで、NITIN SAWHNEYのHUMANっていうアルバムを中古で買った。たまたま見つけたからだけど。
この人はインド系イギリス人で、インドの伝統音楽をクラブミュージックみたいにやってる人なんだけど、すごくいい。

本当に好きな音楽っていうのは、ある。絶対に。
何でもいいわけではないよ。
多分今までは、本当にピッキーに大好きな音楽しか聴かなかった。
心に響くものだけ。
色々知りたいって色んな音楽聴くようになってから、耳が慣れたっていうか、何でも聴けるようになっちゃって、ある程度好きだったら、いいじゃ〜んって思うようになっちゃったな。。。
それって、いいんだか、悪いんだか。。。。
知れば知る程、本当に好きなものが何なのか分からなくなって、遠のいて行く。

最近、すごくそう思ったの。好きな音楽が集まってきてるけど、心まで響く、転げ回りたくなる程の音楽、どういうのだったっけ?みたいな。

このアルバムは、良かったな。久々に。
作者の心が見える、心から心に届くもの。まだまだでも、そういう気がしたから。
もう、使い捨てのものなんていらない! right, honey?

自分には、やさしく素直に、本当に好きなものを追求してあげよう。
[PR]

by aasaag | 2005-06-13 12:00