asagi maeda life work blog

asag.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2007年 01月 21日

いよいよ始動!

楽しいBIRTHDAY PARTY から幕を開けた2007年。
カナダ在住の親友が1年半ぶりに日本に来てたり、新しい友達が増えたり、なんだか人に出会ってばかりの1月でした。
その合間をぬって、オーダーの仕事をこなしながら、去年から頼まれている仕事を一つ一つ終わらせて。。。

年初めには、なんとなく1年の青写真が出来ていたりするものですが、今年は真っ白のまま、来た仕事を丁寧にやろう。精一杯、誠実にやろう。というのが心にありました。

今年まず最初に飛び込んで来た仕事は、展示。
契約しているアメリカのギャラリー (mobilia) から、日本の彫刻家2人の展示をやる時に、あさぎのもひっつけて、是非やりたい。という話。
グループ展でも、もっと大きい規模ばかりだったので、小人数の展示に参加できるなんて、初めて。素晴らしい話です。
しかも、そのうちの1人は、私の尊敬する楠本まりこさん。
mobiliaに入った当初は、楠本さんに憧れて、いつかあのくらい重宝される作家になりたいな。と思っていたわけです。

展示は3/31から。
そんなわけで、今年は、少し早く、アート作品を作り始めます。
オーダーは1月で終わらせて、2月から制作。
何を作ろうか。。。
ちょっと、面白い新しいことをやってみたいと思ってるんです。

楽しみです。
[PR]

by aasaag | 2007-01-21 18:31
2007年 01月 11日

悲しみから喜びへ

1/5、30歳の誕生日パーティーの記念品です。

e0001473_10103875.jpg


出席者1人ずつ、名前入りのピンバッチ。全部合わせると、一つになります。

e0001473_10105540.jpg



これを胸に付けてもらって、パーティーをしました。
思ってたよりずっと喜んでもらえて、嬉しかったです。
2007年1月5日、私のために駆けつけてくれた友達達。全く同じメンバーで会う事はもうないだろうからこそ、貴重な記念です。
パーティーの時は、このパズルのように集まって、そして終わるとまた、バラバラな場所での生活が始まる。。。


バッチと一緒に手渡したカードの中には、星野さんの言葉から一つ。

「人生はからくりに満ちている。
日々の暮らしの中で、無数の人とすれ違いながら、私たちは出会う事がない。
その根源的な悲しみは、言いかえれば、人と人とが出会う限りない不思議さに通じている。」


パリで1人で居た時、毎晩星野道夫の「旅をする木」を読んでました。
この言葉に出会った時、自分が今まで感じながらも言葉で表せなかった事が、すっきり言葉になっていて、ボロボロに泣きました。

友人達には、もう知ってるよ、と言われてしまうけれども、
電車から、流れていく街の景色を見るのが好きです。特に東京の。
密集した家々、マンションを見ながら、その窓の向こう側にあるだろう膨大な数の人生を想像するのが好きだから。

最初は想像に始まる、窓の向こう側の生活が、そのうち雪崩のように押し寄せて来て、具合が悪くなるんです。小さいときから。
一人一人の人生の大きさと、それを詰め込んでいる街。でも整然と並ぶ建物。
一体ここには何が隠されてるんだろう?と。
そして、その感情は、「具合が悪くなる」としか表現出来なかったけれども、紛れもなく、悲しみだったんだと気付いたのです。

出会えない人生の多さです。
こんなに沢山の人がいるのに、私は何も知らない。街はそれを全部隠し持っている。
だから、街が好きで、建物が好きでした。
箱に入ってる人々を作り続けました。

宇宙のような想像力や、毎秒重ねて行く経験、人生、知識、性格、DNA、そういうもの全てが、1人の人間の体の中に入ってる事だけでも驚きなのに、その体が集まって街を形成している。
それが、気になって仕方がなかったんです。

でも、私の感情は悲しみどまりでした。
「具合が悪くなる」ところで、想像をやめるからです。
この星野さんの言葉を読んで、「あー。みんな悲しいんだ。出会えないということは、人間が持って生まれた悲しみなんだな。」と、まず想い、それから出会いの不思議さ、出会いの奇跡に初めて、気がついたのでした。

勿論、今まで、同じ地球、同じ時代、同じ場所、ものすごい確率で人と出会ってる、それはまさに奇跡だと思った事は何度もありました。

でも、私が出会ったこの友達たちっていうのは、よく考えたら、その街の窓一つ向こうの人生である、ということです。
その「窓の向こう側の人」というのが、私にとってはものすごいリアルな人間像でした。

それが嬉しくて、家のバッチを作りました。
一人一人、「窓の向こう側」の友達達。大切な友達達。

街は、もう遠い存在ではなく、私の友達を隠している場所。になったのです。

悲しみから喜びへ。

何かが吹っ切れたように、今はただ喜びがあります。
[PR]

by aasaag | 2007-01-11 11:06 | works for fun
2007年 01月 04日

2007

明けまして、おめでとうございます。

本年も、どうぞ宜しくお願い申し上げます!

ご挨拶が遅くなって、申し訳ありませんでした。

というのも、暮れは風邪もひいて、ダラダラしましたが、今年は年明けから、猛烈に制作をしていて、しかも殆ど休憩もなしです。
5日は私の30歳の誕生日で、自分で誕生日パーティーを企画。総勢60名以上の巨大なパーティーになります。
そこで、記念品をどうしても作りたくなり、年明けから全てをそっちのけで取り組んでいます。非常に楽しいです。
ただ喜びのために作るというのが、純粋に楽しいです。またパーティーの後に、何を作ったのか、ブログにUPします。
こういう時、物を作る人で良かった、と思います。

今年は、なんとなく、こんな路線になってくる予感がします。喜びのために作る。。。

今年は、何もかも未定です。それが不思議と気分が良いです。
面白いものを作りたいと思ってます。口が軽いので、言ってしまいそうですが、まだ黙っておきます。

今年も、皆様にとって、ステキな一年となりますように。

ブログも頑張って、更新します!

ありがとうございます。いつもいつも。

年初めは、気分が良いですね。
真っ白な紙を渡された時のような気分です。
さて、何を描くか。。。

ドキドキします。
[PR]

by aasaag | 2007-01-04 00:08