asagi maeda life work blog

asag.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2008年 11月 24日

minawa

先日、以前このブログでも紹介した、彫刻家の森淳一さんの展示を見に行って来ました。

表参道からすぐの、とても小さい、一坪くらいのギャラリーです。

ギャラリーというより、空間という感じです。

その真っ白な不思議な空間の真ん中に、立体として存在しているということが不思議に思えるほどの、繊細な繊細な作品が、ありました。

突然と白い空間の中に、その作品が浮かび上がっていて、一瞬たじろぐほどでした。

なんだか、それは、フンフンフンと日常のリズムでギャラリーに足を踏み入れる事を拒んでいるような、明らかに違うリズムや音が、そこにはありました。

なので、そこからは、そっと。。。息を潜めるように、突然と秘境に辿り着いたように、自分と作品の距離を確認しながら、近づいて行きました。

水の泡を彫った作品です。

真ん中から、水が湧き出て来て、渦を巻き、そして広がり、泡になり、消えて行く。

ギャラリーには誰もいなくて、その白い小さい空間の中で、私と彫刻だけが浮かんでいるようで、水の泡の消えて行く先を思いながら、最後には目を閉じて、ただそこにある音を感じていました。

手の平の中で氷のかけらが溶けて流れ落ちて行くような、ゆっくりとした時間、ひっそりとした優しさを感じていました。

感動とか、涙とか、そんな大味なものは無意味だと思うくらい、繊細で微妙な音の世界でした。



森さんの作品の凄いのは、作品を観ている時よりも、後から後からそのかたちが押し寄せてくる事です。

昨日より、今日、今日より明日と。

そして、何か刻々と変化していくのです。自分の中で。

何でだかは、全く分かりません。


12/20まで、表参道のvoid+というギャラリーで、展示されています。


近くまでお越しの際には、是非是非体験なさってみてください。。。。
[PR]

by aasaag | 2008-11-24 10:47
2008年 11月 14日

ボストン2

月日が経ってしまい、もうだいぶ過去になってしまいましたが、、、、!!

ボストン(1)の続きです。ダラダラ文面でごめんなさい。

mass artsでの授業の後、一旦ホテルに戻り、1時間の仮眠。

大急ぎで用意して、自分の展示のオープニングパーティーへ。



e0001473_0413359.jpg



個展と言っても、ジュエリーなのと、点数もあまりないので、このショーケースと、もう一つのショーケースに収まってしまいました。笑
ギャラリーでは、他に二つのグループ展を同時開催してました。



e0001473_0421366.jpg





ギャラリーのオーナーは3姉妹なのですが、真ん中のジョアンが寿司を朝5時起きで作ってくれました。



e0001473_0424313.jpg



下の妹のスーザンは、こんな格好でホットサンドイッチをふるまってくれました。



e0001473_043919.jpg


談話風景


e0001473_0433083.jpg




そして、悪夢のアーティストトーク!
トークしてねとは言われてたのですが、プレゼンと授業の準備にかかりはてて、すっかりこのトークのことを忘れてました。
何を言うか、全く用意してなくて。。。。
しかも、ジョアンが私を紹介している最中まで、現地の日本人アーティストの方とすっかり日本語で、談笑していたものだから、いきなり英語で、混乱。
突然、紹介され、名前を呼ばれて、いざ人々の前に立ったら、何を話して良いか全く分からず。。。。

えっと。。。こんな風に突然紹介されると思ってなかったので、何を話したら良いか。。。

動揺を隠せず。。。。



e0001473_0435410.jpg



とりあえず、作品の紹介をします〜。みなさん、こちらへ。。。。みたいな。



e0001473_0442035.jpg



私があまりにも何一つ用意してなくてオロオロしたものだから、途中でしびれを切らしたジョアンが自ら話し始め。。。。
作品紹介をして、そして最後に、「今はこんな時勢だけれども、私たちはオバマに希望を持ちましょう!」ウオー!(観客)みたいな、締めくくりになってしまったのでした。(苦笑)

というのも、この日、オープニングの時間に重なるように、マケイン氏とオバマ氏の最終討論会があったのです。
それで、このギャラリーのオープニングにはいつも3倍くらいの人が来るらしいのですが、出席者も少なく、そして驚くほど迅速に皆様おうちに帰られました。
ジョアンも、気づいたら帰ってました(爆)

ギャラリーの片付けもそっちのけで(彼女もいち早く家に帰り討論会を見たかったのだと思う)、一番上のお姉さんのリビーが車でホテルまで送ってくれました。

ヘトヘトだけど、あまり食べてなかったので、ホテルのレストランに食事に行くと、シーンと静まり返ったレストランに、大音量で討論会が映し出され、みんな真剣に聞いていました。

「なんでこんな時に来るんだ!」というあからさまな態度で、テレビから離れた位置に席を与えられ、なんだか来てはいけない場所に来てしまったような、なるべく音を立てずに食事をしました。笑

次の日の朝、リビーに空港まで送って貰い、本当にとても良くしてくれた4日間だったので、ホームステイから帰るみたいに、別れ際には涙が出ました。

アーティストトーク、最低で本当ごめんなさい。と言ったら、「いいのよ!あなたは本当に素晴らしい作品を作ってくれたし、何もかも素晴らしかったわ!」と満面の笑みで答えてくれて、本当にこんなに良い人たちだから、このギャラリーが大好きだし、一緒に仕事をさせて頂けて、本当に幸せだなあ。と。心から。

大忙しだったけど、ホントに素敵な4日間でした。
[PR]

by aasaag | 2008-11-14 00:46